カラダの相性についての真実

「合う」「合わない」ではなくて「作る」努力が大切
「カレのこと大好きなんだけど、カラダの相性が悪くて。このままじゃ私、嫌われちゃうかな」これは、ある女の子の悩み相談。
こういう勘違いをしている子は、すごく多い。この悩みは、ある意味、オンナのほうが多いのかも。
なぜって、オトコの場合は、射精すれば一応は、快感が得られる。
でも、オンナは自分がイケなかった場合、「オトコのテクニック不足」か、「二人のカラダの相性が悪い」と思う。
でも、自分が気持ちのいいSEXができなかったら、「カラダの相性が悪い」で納得しようとしているうちは、その先の進歩はなし。
基本的に「カラダの相性は、あるんじゃなくて作るもの」だから。オレがそう言うと、ほとんどの人からは、
「鷹さんは、どんな女性が相手でも、合わせるテクニックが豊富にあるからいいんですよ。
でも、普通の人たちは『合う、合わない」が大事なんです」と、こう言われてしまう。でも、オレの場合は「このオンナとはカラダの相性が合うけど、
このオンナとは合わない」とは思わない。それよりも、「どうやったら、目の前のオンナを気持ちよくさせられるのか」を一所懸命に考えるよ。
それが「カラダの相性を作る」ってことなんだ。ある意味、相手のことをもっと知ろうとする探究心が、SEXにおいては大事なんだよね。
キミだって、好きなオトコのことは何でも知りたいと思うし、自分のこともわかってほしいと思うだろう。それをベッドでも素直に出せばいいんだ。
ある女性は、「最初は好きじゃなかったけど、SEXの相性がすごく良くて、あとからすごく好きになったことがある」と言っていた。
まあ、こういうラッキーな出会いもあるのかもしれない。でも、それを最初から期待してちゃダメ。とくに絶対に逃したくないオトコだったら、なおのこと。
もし不幸にもファースト・エッチが相性×で終わっても嘆くことない。彼に対して「もっと相性をよくしたい」と思う姿勢があれば、それは伝わるし、
そんなキミの姿をカレはきっといじらしく思うからだ。
出会いはここ→出逢いがない社会人が出会うには に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

もっと気持ちよくなるSEXは

見つめ合ってするSEXは、断然、気持ちがいい
ベッドでの質疑応答が大事なのはよくわかってくれたと思う。さらに、カレが離れなくなるベッドでのモテテクを伝授しよう。
それは「カレと見つめ合ってSEXすること」。えっ、そんなことで、カレをトリコにできるなら超カンタンよ、と思っているキミ!
自分がオトコとエッチしているシーンを、客観的に見たことがある?
「まさかAV女優じゃ、あるまいし」って思うかもしれないけれど、オレはキミがどんなエッチをしているか、大体わかるよ。
たぶん、ベッドインしてからフィニッシュまでほとんど目を閉じたままSEXしているはず。
違うかな?キスするときも、ほとんどの女の子が無意識に目を閉じてする。誰かに「キスするときは、目を閉じるものよ」と教えられたわけでもないのに、ね。
まあ、目をぱっちり開けてオトコの顔を凝視するのも怖いけど、ずっと目を閉じたままって、オトコからすると何か物足りない。
なかには、「オレに抱かれながら、じっは他のオトコのことを考えているんじゃないか」って、不安に思うオトコもいるかもしれない。
これは、あるAVの撮影現場であった、本当の話。ある女優さんが本番前にオレにこう聞くんだ。
「私、どこを見てればいいですか?やっぱりカメラ目線のほうがいいのかな?」って。
オレは正直、驚いた。「えっ、それは当然、オレの目でしょう」と、答えたけど。なんだかこれって、SEXしてる最中にテレビを見てるのと同じ感覚。
ある意味、ありえないよね。
キスしているときに、目を見つめ合うのもいいし、もしそれが至近距離過ぎて恥ずかしいなら、カレにインサートされてからは、お互いに目を見つめ合ってごらん。
予想以上に刺激的だし、カレはさらにコーフンするはずだよ。こういうテクニック以前のことのほうが、案外、オトコは燃えるんだよね。
なぜって、「自分を気持ちよくさせているのは、目の前のあなた」って、確認させているようにオトコ側は思うし、やっぱり心もカラダもひとつになっている感覚が、
より強くなるから。
ベッドでさらにオトコの八ー卜を釘付けにする、究極、テクだよね。
これを読んでいれば、ここ→出逢い系アプリ で、出会った人はあなたから離れられないかも。

オンナからのアプローチ法

オトコに「このオンナの殻を破ってみたい」と思わせろ
たまに「鷹さん、私を抱いて」って迫ってくるオンナがいる。オレは正直「淫乱なオンナ」は大好きだけど、「迫ってくるオンナ」は苦手。この違い、何だかわかる?
これはプロセスの問題。オトコは「このオンナの殻を破りたい。本当の姿を見てみたい」と思うから、そのオンナに欲情するわけ。
でもあからさまに「SEXして」って迫ってくるオンナは、最初から全部、脱いじゃってるわけ。ハダカで迫られたら、オトコにしてみれば、脱がせる楽しみがない。
だからと言って、カレとSEXしたい気持ちを言葉にしちゃダメってことじゃない。もちろん、相手への好意を表すことからスタートしなきゃ、何も始まらないわけだから。
でも、同じ伝えるのでも「してよ、ほら」みたいに、けしかけられてるみたいにオトコが思っちゃったらダメなわけ。
やっぱりオトコは、オンナに「恥じらい」を感じてもらいたいんだよ。
これまでのオレの経験からいうと、自分で「殻をかぶっている。猫をかぶっている」と自覚しているオンナは、まだいい。
でも、自分自身で「どんな殻をかぶっているのかわからない」とか「私は自分の本性をカンペキに隠せている」と自負しているオンナほど、
SEXによって価値観がガラッと変わってしまったりする。
だからSEXにおいてのプロセスは大切なんだよ。みんな、SEXの行為自体を重要視するけれど、むしろプロセスにおいて本当の相手が見えたりするんだから。
オトコのなかには、「落とすまでが楽しい」という奴もいる。そういうオトコの心理を踏まえるなら、
やはり「好意はオープンに見せても、ヤル気はチラ見せ」くらいがちょうどいいんじゃないかな。
オレなんか最近、相手の女性との「心理戦」みたいなほうが楽しくて、そのあとSEXの行為は別になくてもいいや、と思うくらいだよ。
落としたいオトコがいたら、SEXアピールを露骨に匂わせるより、「この子、本当はどんなんだろう?」と思わせることが、
最終的にはオトコをベッドに誘導できる高等テクニックなのかもね。
出会いはここに→出会い系 サクラいない いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

行動計画を実践する

ベッティは、前回と同じように、トニーが女性を軽蔑するような言動をとる機会が再びやってくることを予想し、その時に備え、計画を定め、実践する決意を固めます。
次回のパーティの日が決まったら、カレンダーに、特別な印をつけておいて、忘れないようにします。

振り返ってみる
次のパーティの席で、計画通り実行した後で、私といっしょに計画の成果について話し合うことをベッティは同意しました。
いずれにせよ、効果が現れるには数週間ぐらいかかるかもしれないことを予想しておいた方がよいと思います。
実行した計画がよい成果をもたらさないことが明らかになったら、今度は、別の解決法によるプランを立て、それを実行して試してみればよいのです。
このような体系的問題解決法を用いる場合に、先にも記したように、相手の男性をできるだけ早く問題解決に〈参加〉させるのが望ましいのです。
トニーがベッティといっしょになって、どうすることが問題を解決できるかを考えることができるようになれば、おそらく、
トニーは自分が生み出している問題に敏感になると思います。そうなれば、トニーに対決する必要がなくなるわけです。
このようなことが繰り返されることによって、夫の行動が変わるのを期待できるのです。
怒りをコントロールするための体系的問題解決の方法を学ぶあなたに、夫が協力してくれるようになると、そのこと自体がすでに二つの問題を解決することになるのです。
一つは、夫に対するあなたの怒りの感情のコントロール、もう一つは、あなたの問題、悩みに対する夫の無神経ぶりの改善です。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、結婚相談所 30代 女性 で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

行動の結果を予想する

解決の方法を考え、リストを作ったら、次にその一つ一つの方法がどういう結果を招くかを予想してみます。
ポジティブな結果としてどうなるか。ネガティブな結果として、どんな状態になるかを予想してみるわけです。
たとえば、〈部屋から出て行く〉という行動をとった場合に、夫は、なぜ、べシティが部屋を出て行ったのかすぐには分からないかもしれませんが、
少なくとも、夫の戯(たわ) 言に耳を傾けなくてすむという結果が考えられます。
〈叫ぶ〉としたら、おそらく、夫は彼女の非難の言葉に耳を傾けるようなことはしないだろうと思われます。
さらに、そうなると、ベッティ自身、笑い者になるかもしれません。あるいは〈パーティの後で苦情を言う〉としたら、夫は耳を傾けてくれるかもしれません。
しかし、そうすると、パーティで夫の戯言を聞きつづけなければならないということになります。このように、
さまざまな行動をとった場合の結果を予想する作業をすすめる時に、当然、自分の態度、偏見、価値観などを考慮することになります。
また、自分の体や心の状態も考慮したうえで、自分にとっていちばん最善な解決の方法を選びます。
ベッティは、夫の膝の上に坐ってみるのも面白い方法だと思ったのですが、そんなことをすると、かえって、夫の女性軽蔑の言動を煽(あお) ることになると考え、
これはまずい解決策であることを悟ったのです。しばらく話し合ったあげくに、ベッティは三つの方法を統合したやり方がベストであるという結論に達しました。
まず、彼のやっていることに介入するために夫の側に行く。それが効を奏さない場合は、部屋を出て洗面所に行く。そして、パーティの後で夫に苦情を述べ、対決する。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!結婚相談所 比較 から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。

© 2014 結婚したら

Theme by Anders NorenUp ↑